モノ

そろそろ手帳病

投稿日:

書店にぼちぼちと来年の手帳が並び始めた。まだ出揃ったという段階ではないのだが、並んだ商品を眺めるとなんだかウズウズしてくる。去年は10月の半ばから探していたようだが、今年はさらに早いのだな。。。
今は「超」整理手帳をそれなりに使えているので来年もレフィルを買って継続使用するつもりなのだが、少し用途の違うタイプの手帳というかノートを2種類使ってみたいと思い始めた。
ひとつはアイデア記入用のもの。日常の生活のあらゆるタイミングでふと思い浮かぶことをなんとかして記録したいとずっと思っているのだが、なかなかうまくいかないのだ。いろいろ考えてみたがどうもそれ専用のノートを用意するのが言いように思えてきた。そこでアイデアマラソンというメソッドを使ってみようかと考えた。だからアイデアマラソン用のノートを買ってみようと思っている。

1年で1000件の発想を書こう ポケット・アイデアマラソン手帳 '07
樋口 健夫

1年で1000件の発想を書こう ポケット・アイデアマラソン手帳  '07
ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則 日経ビジネス人文庫 企画がスラスラ湧いてくる アイデアマラソン発想法 思いつきをビジネスに変える「ノート術」―発想力を鍛えるアイデアマラソン 図解仕事ができる人のノート術―ノートを使って深く考え、発想する122の方法!! Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
by G-Tools

もうひとつ用途は、家族で日々記入していく家族日誌的なもの。これにはどんなものがあるかいろいろ探してみたのだが、意外と一日一ページで使いやすそうなレイアウトのものがなかった。そんななかでちょっといいかなと思ったのが「ほぼ日手帳」。インターネットで調べてみると結構使っている人がいるのだな。
わりとフリーに使える一日一ページのレイアウトに、その日ごとのちょっとした情報がついていて楽しそうだ。ロフトですでに売っているんだな。行ってみよう。

ほぼ日手帳の秘密―10万人が使って、10万人がつくる手帳。
山田 浩子 ほぼ日刊イトイ新聞

ほぼ日手帳の秘密―10万人が使って、10万人がつくる手帳。
選ぶ・使う・極める!みんなの手帳 ほぼ日刊イトイ新聞の本 おとなの小論文教室。 「Say Hello! desk Calender 2006」オリジナルマーカー付き 佐々木かをりの手帳術
by G-Tools

いずれにしても手帳やダイアリーって買ってもすぐに使い始められないんだよなあ。
今考えていることがしぼんでしまわなきゃいいけど。。。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-モノ

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.