日本の鉄道名所100を歩く

投稿日:

表紙が駒ケ岳だったのでつい買ってしまった。北海道の鉄路についてもいろいろ書いてあって面白そうだったしね。
中身はかなりマニアックだな。
東京駅長と原宿駅長が格の上で同等(なぜでしょう?)とか、下りカシオペアが上野に入線するときは機関車が一番後ろから押すことになるので北海道に向かうときに一番後ろになる見晴らしのいい展望室のスイートで連絡員が運転士に指示をするなんてのが面白かったなあ。
この人は筋金入りの鉄道マニアで、大都市圏に住んでいるせいか、鉄道万能主義的な記述が目立つ。そんなところから地方の鉄道状況についての記述にちょっと違和感があったな。地方で鉄道が生きないのは鉄道網でどこでも行けるほどに整備するのは利用者人口から無理があって、駅から目的地までの移動に難があるから結局クルマになるのであって、自治体の努力とかそういうもので解決できる問題ではないってことだと思う。
まあ、鉄道を愛する人として鉄道を擁護したい気持ちは良くわかるけどね。
ま、この本自体は雑学読み物としていいかな?

日本の鉄道名所100を歩く
川島 令三

日本の鉄道名所100を歩く
鉄道カレンダー 全国とことん楽しむ行動案内12ヶ月 最新事情!全国鉄道おもしろ雑学事典 日本の“珍々”踏切 秘境駅へ行こう! 鉄道廃墟
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.