読了:村上春樹はくせになる

投稿日:

結局のところ、読まなきゃわからないってことがわかった。
まだ「海辺のカフカ」しか読んでいないのだが、自分の好きなタイプの作家かどうかまだわからない。謎が多くて、全てが解けるわけではないところは人によっては我慢ができないというがあるだろうし、なんらかのメタファが多用されていて、それを理解する努力に疲れてしまうこともある。
しかし、「くせになる」というのはなんとなくわかる気がする。小説の中に出てくる人物に自分のどこかに潜む表に出せない部分を重ねてみるからかもしれない。ダークな部分はくせになるのだな。

次は一冊、翻訳モノのほうを読んでみようと思っている。

村上春樹はくせになる
清水 良典

村上春樹はくせになる
世界は村上春樹をどう読むか 「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? グレート・ギャツビー 村上春樹 イエローページ〈2〉 はじめての文学 村上春樹
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.