千利休

投稿日:

お茶自体にすごく興味があるというわけではないんだけど、ひとつの文化を作り出した人物としての千利休に興味があった。
こういう人って、今で言えばプロデューサーってやつだよな。お茶を中心にしてあらゆるものを設計して表現しているわけだから。そういうところにとても惹かれるのだ。
僕は清原なつのはりぼんの頃からのファン。作品としての出来は正直もうひとつかなあという感じはするのだが、楽しむことはできた。
解説とか資料的記述が多いので、ただマンガを楽しみたいという人にはおすすめしない。装丁とか厚さとか、本という側面はかなり充実感があると思う。
サボテン姫とイグアナ王子も面白そうだなあ。。。

千利休
清原 なつの

千利休
サボテン姫とイグアナ王子 二十歳(はたち)のバースディ・プレート ワンダフルライフ 花図鑑 1 花図鑑 2
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.