読了:大江戸猫三昧-時代小説傑作選

投稿日:

いろいろな小説を読んでみたいと思っても、自分の好みに合う作家を新たに見つけるというのはなかなか難しいものだ。本屋でベストセラーのコーナーを見たり、書評誌やテレビでやっているブックレビューなんかを見て探すというのが僕の常套手段だけれど、この場合はメジャーなところに偏ってしまう問題があるし、それでもまったく新しい人の本をいきなり買うというのには多少なりとも勇気がいる。
この本はたまたま古本屋で見つけた。猫をテーマにしていろんな作家の短編が載っているのが気に入ったのだ。完結した話を読んでみれば自分の好みの作家かどうかはある程度判断がつく。好みじゃない作家でも短編なら苦にならないし、いまひとつだなあと思っていても読み終わってみると意外とわるくないなあなんて思うことも結構ある。そういう楽しみ方がうれしい。
こういう本で一生無縁だったかもしれない作家を見つけ出すのはなかなかいい手なのだなあと思った。
それにしても、本屋に行っていつも思うことは、一生かかってもここにある全ての本を読むことはできないのだなあという一種のむなしさ。
我ながら本が好きなんだなあ。

大江戸猫三昧―時代小説傑作選
沢田 瞳子

大江戸猫三昧―時代小説傑作選
犬道楽江戸草紙 猫辞苑―現代「猫語」の基礎知識 猫は犬より働いた 猫神様の散歩道 私は猫ストーカー
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.