MySite 思念波

ゆるいブログ、新しいブログ

投稿日:

誰にともなくつぶやく言葉を綴っていく。ということのために僕はブログを使っているのだな、と最近改めて思った。
ただ、ブログというスタイルは、基本的に文章を書くということを強いるものでもある。もともとがニュースなどへのコメントを書くことを中心として確立されたスタイルだから当然なのだが、時にこのスタイルが苦しいと思うことがある。文章にするからには曲がりなりにも論理的な一貫性を考える必要があるし、そうじゃない場合もひとかたまりの文章としてなんらかの意味を持たせようと考えてしまうのだ。
一件の記事を書いてみても、うまくまとまらずにボツにしてしまうことが結構ある。書くことがぜんぜん思い浮かばない日もあるし、書き始めてもまったくノッてこないことも良くある。別にこれを生業にしているわけではないのに変に考え込んでしまうのだ。
twitterとtumblrを使ってみて、これがちょっとウケているのはそういうブログの堅苦しさを取り払っているからなのだと気づいた。要するに僕はひとり言を言いたいのだ。
なかでもtumblrは気に入っている。ブログをはじめたころにやっていたニュースへのコメントスタイルは、ブログサイトが増えたところであまりにも安直なリンクのみのブログが多くなったのを見てあるときから原則的にやめてしまったのだが、tumblrでは気楽に書けるようになった。記事へのリンクに対してほんの数行のコメントを書く。どちらかといえば自分用の備忘録のような使い方だ。
それにさらにいくつか書いているブログのfeedを追加し、それにtwitterのフィードもあわせる。それらが時系列でマッシュアップされたサイトは一種のライフログになる。
さらに関心のある他人のtumblrを合成したDashboardは、自分と誰かがこの世の中で並列して生きているということを象徴したものになる。ブログは自分ひとりの世界だが、tumblrのDashboardは自分の生活との対比で他の人の生活とか考えたことを見ることができるすこし広い世界観を持った今までにないツールになのである。
この特性はtwitterにはもちろんあるんだけど、もうちょっと長く書きたいと思うこともあるし、時には論理的な文章として記述したいこともある。写真を使いたいことだってある。残念ながらtwitterはそういう要求に全てこたえられるわけではない。
そして、それらの機能を全てあわせたサービスを作ることは一応可能でそういうアプローチも存在するが、それよりもtumblrのようにマッシュアップの枠組みを提供するほうが簡単だし有用なのだと思う。マッシュアップされるサイトは個々の世界で機能を強化していくことができるからだ。
ブログに必須のコメント機能も、tumblrではReblogという機能でちょっと違った形で実現でき、それはDashboardを使うことでサイト横断的に見ることができるものになる。記事とコメントのつながりは通常のブログよりも弱いが、より自分の「考え」を書くことができる。
この仕組みは従来型の「見せる」ブログではtrackbackとして提供されたが、これを使うのは意外と難しかった。Reblogにも同じような難しさがついてまわるが、trackbackよりはわかりやすいかもしれない。ただしこれはDashboardを使うことが前提だ。
tumblrはメインページではなく「見せない」Dashboardがシステムの要なのである。
たぶんこれは使ってみないと実感できないだろう。tumblrのユーザのメインページを見ただけでは単なる不完全なブログシステムにしか見えない。理解するにはアカウントを取ってDashboardを使ってみるしかないのだ。

ちなみに僕のtumblrは以下の場所だ。遠慮なくAdd,Reblogしてもらえればうれしい。
http://nyao.tumblr.com/







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-MySite, 思念波

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.