図書館で見つけたおもしろそうな本

投稿日:

図書館で江戸時代関係の本を調べていて、面白そうだなあと思った本。読みながらちょこちょこノートしてきたんだけど、どっちも買ってもいいかもなあ。
学校で習う歴史では「xx時代」のそれぞれに断絶を感じたのだけれど、世の中はそんなに劇的に変わるわけじゃないはずだから、社会や文化がどんなふうにじわじわと変化したのかを知りたい、考えてみたいと思って、特に面白そうだと思っている江戸時代を選んで図書館で調べ物をしているってわけです。
でもあれだな。どうも借りるというのは性にあわないのかな。買って手元に置きたくなっちゃうんだよなあ。。。

江戸の情報力―ウェブ化と知の流通
市村 佑一

江戸の情報力―ウェブ化と知の流通

by G-Tools 一目でわかる江戸時代―地図・グラフ・図解でみる
市川 寛明 竹内 誠

一目でわかる江戸時代―地図・グラフ・図解でみる
お江戸の意外な生活事情―衣食住から商売・教育・遊びまで お江戸の武士の意外な生活事情―衣食住から趣味・仕事まで お江戸の意外な「モノ」の値段―物価から見える江戸っ子の生活模様 時代小説用語辞典 東京時代MAP―大江戸編
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.