読了:ワセダ三畳青春記

投稿日:

面白かった。
本屋でたまたま目にして、このカバーに惹かれて買ったのだ。著者ななんとなく見たことがあるようなないような感じ。とくにマークしていたということはなかった。
が、これは当りだったな。
30年ほど前には、こんなような話は結構あったような気がする。テレビでも中村雅俊とかがドラマで「俺たちの旅」とかやっていたでしょう?ああいう右往左往手探り青春の世界。そういうのに憧れた時期が僕らの世代にはわりといるんじゃないかと思うのだ。
が、この話は90年代のことだ。30年代の人々と違うのは、著者があちこちの辺境の国々に出て行くフリーライターだってことだが、それ以外は金がなくてダラダラと過ごしていたらしい。傍から見ればなにをやっているかわからない怪しい人である。そういう人が暮していけるワセダの古いアパートが、ほんのちょっと前の東京にはあった(今でもあるのだろうけど)のだな。
とりあえず食える程度は働くけどそれ以外はゴロゴロして過ごして学生気分を卒業できないでいるという人は、どんな時代でもいるもので、ことさらフリーターだとかなんだとか騒ぐことでもないのかもしれないなあと思う。まあ、もちろんこの人は「書く」という才能があるからただのフリーターではなかったわけだけど。

だけど、読んでいて強烈にせつない気分になったなあ。僕は同じような時期に毎日会社に通っていたわけで、それはそれで別に悔いがあるわけではないんだけど、なんだかなにか落し物をしてきたような気持ちになったのだな。あの年代に戻ることはもうできないってことを痛烈に感じてしまった。

まあ、それはそれとして、とても読みやすくて面白かったので、この人の他の作品を読んでみようと思ったよ。
また読みたい本が増えてしまった。

ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)
高野 秀行

ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)
幻獣ムベンベを追え (集英社文庫) 異国トーキョー漂流記 (集英社文庫) 怪しいシンドバッド (集英社文庫) 巨流アマゾンを遡れ (集英社文庫) 極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ (ワニ文庫)
by G-Tools

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.