読了:夢の守り人

投稿日:

守り人シリーズ第三弾。
この巻はちょっとレベルが高くなっている感じ。絶望に打ちひしがれても生きることを選択した人は本当の強さを手に入れることができるということがテーマかな。これはかなり大人向けの作品だ。

3冊読んで、だいぶ著者の人となりというか、思考過程みたいなものが見えてきた。学者としてフィールドワークで学び、考えてきたことの表現のひとつがこの小説なのかもしれない。論文は一部の人にしか読まれないけど、小説は幅広い人々の目に触れることができるから、これはなかなかすごいことだと思う。

こういうと、理屈っぽい作品なのかと思う人がいると思うけど、そんなことはない。物語としてよくできている。この人の世界観の奥行きの深さを改めて感じる作品だと思う。

夢の守り人 (偕成社ポッシュ 軽装版)
上橋 菜穂子 二木 真希子

夢の守り人 (偕成社ポッシュ 軽装版)
闇の守り人 虚空の旅人 闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3) 精霊の守り人 神の守り人<来訪編>
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.