読了:耳袋秘帖 赤鬼奉行根岸肥前

投稿日:

僕はわりと時代物の大衆小説、それも捕物シリーズが好きで、半七捕物帳をオンラインで一通り読んだり、鬼平犯科帳を文庫本でそろえていたりする。宮部みゆきも時代物のほうが好きだし、そのほかにもいろいろと読んでみたものがある。
今回のはいつも寄る本屋でたまたま見つけたもので、5冊くらいがシリーズで出ているようだった。シリーズモノを一つ見つけておけば当分は読み続けられるので安心(?)なのである。
この本の主人公の根岸、鬼平とほぼ同じ時代に六十を過ぎてから町奉行になったという設定である。鬼平と同じように若い頃を無頼に過ごしてある年齢から仕事が面白くなったというタイプ。だから江戸町内の裏の世界まで良く知っている。うわさで伝わってくるような不思議な話が好きで、耳袋という日記を書いていて、それを周りの人々が面白いといって読むため、写本まで作ったりしている人である。勘が鋭くて、その勘が捜査の手がかりを生む。ここも鬼平に似ている。
というわけで、どうも鬼平と比較してしまって、いろいろケチをつけたくなってしまうのだが、ちょっと残念なのは主人公がどちらかといえば面白話オタクであって、起きた犯罪を胸がすくような形で決着させるというスタイルではないことなのだな。
と、ケチをつけながらも話はなかなか面白いのだ。5冊出ているみたいだけど、あっという間に読んでしまいそうな予感。

耳袋秘帖 赤鬼奉行根岸肥前 (だいわ文庫)
風野 真知雄

耳袋秘帖 赤鬼奉行根岸肥前 (だいわ文庫)
耳袋秘帖八丁堀同心殺人事件 (だいわ文庫 I 56-2) 浅草妖刀殺人事件―書き下ろし時代小説 初秋の剣―大江戸定年組 (二見時代小説文庫) 菩薩の船―大江戸定年組〈2〉 (二見時代小説文庫) 起死の矢―大江戸定年組3 (二見時代小説文庫 か 1-3)
by G-Tools

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.