読了:ロシアン・ジョーク

投稿日:

ま、新書なんで2時間もあれば読み終わっちゃうのですが、僕は結構並行読みをしてしまうのですね。毛色の違う本なら同時に読み進む。小説を読みながら新書を読むってのは定番。

ロシアって、僕にとってはあまり印象のいい国ではないのだな。歴史的な経緯がそうだからなんだけど、北海道って半分はロシアに囲まれていて、旧ソ連時代は最前線で、年がら年中千歳空港からスクランブル発進があったり、千島海域で機銃を撃つ国境警備隊の事件(微妙な越境操業のせいで、一方的にかの国が悪いともいえないのだけど)なんてのもあり、小樽あたりで自転車盗んで中古車買いに行くロシア人の話なんかも聞いたりして、悪いほうに身近だったからだ。

でも、この本によると、ロシア人にとって日本は好感度の高い国なのだそうである。

それはさておき、社会主義から資本主義に急転換したロシアって、ホントにとんでもないことが起きていたんだなあと思った。たかだか十数年前に年間のインフレ率が2600%なんてことがあったのだね。

いくつも載っている自虐的なジョークを読んでいると、妙にロシアの人々が身近に感じるから不思議だ。

そうそう。レーニン以降のソ連-ロシアの指導者には、「ハゲとふさふさの法則」というのがあるらしい。ハゲとふさふさが交互に出てくる。言われてみれば確かにそうなのだ。これが一番笑ったぞ。

ロシアン・ジョーク (学研新書 9)
酒井 陸三

ロシアン・ジョーク (学研新書 9)
日本の戦時下ジョーク集 満州事変・日中戦争篇 (中公新書ラクレ 249) 日本の戦時下ジョーク集 太平洋戦争篇 (中公新書ラクレ 250) ロシア連邦がよ~くわかる本―歴史、政治、経済、社会の実態が見える! ロシアのジョーク集―アネクドートの世界 (ユーラシア選書 6) 暗殺国家ロシア―リトヴィネンコ毒殺とプーチンの野望
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.