Myself

めったにない体験を記録

投稿日:

先月末に検査入院して、検査の結果から手術を受けることにした。いろいろ初体験のことがあったのでメモしておこうと思う。長文だし、痛い話は特にない(実際痛くなかったので)けど、検査や手術は怖いという人はパスしてください。病名、治療や手術の名称は伏せておく。

入院して受ける検査って、なんとなく怖い感じがする。検査のために造影剤を入れるのだが、痛いのではないかとか後遺症はないのかとかいろいろ考えてしまった。
実際はぜんぜんどうとうことはなくて、造影剤を入れる前にする局所麻酔の注射がほんの一瞬ちくっとする程度だった。普通の注射より気にならないくらいだ。CTの撮影に時間がかかるのが大変といえば大変なのだが、横になってじっとしているだけだ。
問題は検査後の造影剤の影響で、一週間近く食欲がなくなったり頭が重かったり。これはちょっと辛かったが、まあ毎日点滴をしてベッドで寝ていればどうってことはない。
手術することに決めると、手術前の検査がいろいろある。採血を何回かしたり、心電図をとったり、スパイロメーターで肺機能の検査をしたり、血液の凝固に問題がないか調べたり。X線やMRIの撮影も。どれも異常がなかったら、手術担当の看護士さんがやってきて、過去の病歴とかアレルギーとか歯の治療状況(手術時に気管に挿管するときに差し歯が問題になることがある)などいろいろなことを聞かれる。さらに手術の内容について模型や図表を使って説明してくれる。大変わかりやすい。それから手術前の手順についても説明される。具体的に説明されると不安が減るものなのだな。
ひと通りの検査・説明が終わると手術日まではヒマで困った。
手術前日に尿道カテーテルを入れた。通常は麻酔後につけるらしいのだが、うまく挿管できなかったケースがあったらしく、リスクコントロールで男性のみ前日導入しているとのことだった。これはかなり違和感がある。それでも翌日までにはすっかり慣れてしまっていた。
点滴用に腕の毛、電気メスのアース用に腿の毛、手術箇所の毛を剃る。さらに頭も丸坊主にしてからシャワーを浴びる。
手術日は朝からおなかをきれいにして(トイレにこもるやつですね)、手術着に着替え、右手に静脈へのラインを確保して手術前の点滴を開始。
午後一番の手術。30分前処置の連絡があって手術前の最後の点滴をセット。開始時間に病室からベッドのまま手術室へ。移動する天井を眺めながらなんだかドラマみたいだなあと思っているうちに二重扉を通って手術室の前室へ。ベッドから手術台への移動用の台(高さが変わる)に移ってほぼ裸の状態になり、心電図用の端子をぺたぺた貼り付けて保温用の毛布のようなものに包まれ、手術室の手術台横へ。「落ちないでね」と言われながら手術台に移って緑色の部屋の中とか無影灯とかキョロキョロ見ていたら、「めったに来れないから見ておくといいよ」「しょっちゅう来るようならそれはそれで大変だよねえ」なんて話しながらベルトで身体を固定。「開始しまーす」「眠くなったら自然に目をつぶって下さい」「xxx(薬剤名)xxミリ静注します」と聞こえて数秒で眠くなったので「おやすみなさーい」と言ったら数人の看護士さんの「おやすみなさーい」と言う声が聞こえて熟睡。
いい気分で眠っていたと思ったら名前を呼ばれてのどの吸引を感じて目が覚めた。まだ手術室。かすかに手術創を感じているうちにベッドに移され、廊下を移動。別フロアでX線撮影をしてから病室へ。
バイタルモニターを装着、酸素吸入。手足を動かすように指示されて動かしてみる。とくに問題はない。手術室からぼんやりながらも意識が戻っていて、回りの会話が良く聞き取れる。病室で家族や看護士さんと少し話したが喉ががらがらで話しにくい。辛いのはこれからで、全身麻酔で消化器が止まっているから水分が取れない状態なのにとても喉が渇く。濡れガーゼをもらったり、氷を含ませてもらったりして一晩過ごす。僕は扁桃腺が腫れるほうで、麻酔の影響で喉が腫れてしまい、息苦しくてまんじりともせずに朝を迎えた。痛み止めが効いているのか創はぜんぜん痛くない。
翌日朝、流動食完食。術後の点滴。身体を起こして昼食のおかゆ完食。午後から歩行練習。トイレまで歩けることを確認して導尿チューブを抜去。身軽になって夕食のおかゆ完食。のどの腫れをとるための点滴を追加してもらったらたちまち腫れがとれてしまった。
2日目はほぼ通常の入院生活。3日目から通常食。7日目手術創のドレーン抜去。8日目抜糸。9日目退院。創の痛みはほとんどなし。
一番辛かったのは9時消灯6時起床というくらいで。明るい看護士さんたちのおかげで安心して楽しく入院生活が送れてとてもありがたかった。

手術翌日には歩けてしまうことにびっくり。今は創の治癒を早めるための薬剤などのおかげで入院期間も短くて済むのを実感。
退院してから改めてインターネットで手術の内容とか麻酔のことなどを調べてみた。僕はあまりいろいろ気にしていなかったし、看護士さんがきちんと細かいことを説明してくれたので不安よりも初体験の好奇心が強かったのだけど、全身麻酔や関連検査が怖いという人が結構多いのだなと思った。あまりきちんと説明しない医療機関も多いのかもしれないが、不安とか疑問があったらちゃんと聞いて説明を受けるのが大事だと思った。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-Myself

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.