読了:出口のない海

投稿日:

僕はあまり先の戦争に関する映画や小説が好きではなくて、たいていはパスしている。なぜかというと、戦争モノにはどこか悲劇的表現で戦争を賛美するようなニオイを感じることが多いからで、僕にはそれがとても不快に思えるからだ。
この作品も、映画で話題になったときに同じように感じて避けていたのだが、あまりにも退屈な入院中に同室の人から借りて読んでみることになったのだった。
読んでみたら、先入観とはちょっと違っていた。まともじゃありえないような末期の国家の、とても戦略とも戦術ともいえないようなバカらしい作戦のために命を懸けなければならなかった若者たちについて語っていた。考えてみればそうやってバカらしいものに命を懸け、運良く(運悪くという人もいるだろうが)生き残ってしまった人は、そんな青春時代にこだわって生きてこざるを得なかったわけで、頭でっかちに平和を語り、単純に戦前の日本を否定することが正しいと思っている多くの若い日本人を苦々しい思いで見てきたことだろうと思った。
平和とか戦争反対と言うと、そこで思考が停止してしまうことがある。それでは本当の意味での平和にはつながらないのかもしれない。
そういうことを考えるよいきっかけになる作品だった。

出口のない海 (講談社文庫)
横山 秀夫

出口のない海 (講談社文庫)
クライマーズ・ハイ (文春文庫) 真相 (双葉文庫) 第三の時効 (集英社文庫) 顔 FACE (徳間文庫) 深追い (ジョイ・ノベルズ)
by G-Tools

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.