読了:第三の時効

投稿日:

「出口のない海」よりも先に読んだのがこれ。クセのある刑事たちを描いた短編集かな。
タイトルになっている「第三の時効」は、時効がいつ成立するのかというのがポイントになっている。あらゆる抜け道や手段をもちいて犯人を追い詰め、結果はどんでん返し。面白い。
読書対象の新しい作家を開拓できてうれしいのだ。

第三の時効 (集英社文庫)
横山 秀夫

第三の時効 (集英社文庫)
動機 (文春文庫) クライマーズ・ハイ (文春文庫) 顔 FACE (徳間文庫) 陰の季節 (文春文庫) 真相 (双葉文庫)
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.