読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

社会

読了:コンテンツ・フューチャー

投稿日:

面白かった。
著作権とかライセンスの問題って、日ごろはあまり意識していないんだけど、オリジナリティのある仕事をしようとするときちんと考えなければならない問題であったりして面倒だからいいやとは行かなくなってきているなあと感じていた。
クリエイティブ・コモンズにしても、なんだかかっこいいなとおもいつつ、自分の問題としてはあまり真剣に考えることはなかった。だって、理解するのが大変だからね。
それでも、セミナーを受講したりしてクリエイティブ・コモンズの勉強をするにつけ、著作権に関する日本の法律や慣習みたいなものってあまり合理的じゃないなあなんて思うようになってきた。そんなときにこの本に関する書評を見て、これは読まなきゃと思った。

本の内容は、日本の著作権をめぐる現状は、ひどく不毛な状態にあるということでまとめられていると思う。また、コンテンツとはとかクリエイティビティってなんだろうという本質的な考察も含まれている。
なによりこれらに対する最新の状況を知ることができて、かなり勉強になるし、面白いと思う。

この本は書籍としてかなり画期的なクリエイティブ・コモンズ・ライセンス「表示-非営利-改変禁止」という条件でリリースされている。普通は無断転載、複製、複写、翻訳を禁ずるなんて書かれているところにこのライセンスが明記されている。
なるほど、こういう風に積極的に権利を主張するというやりかたもあるのだな。僕もいずれちゃんと理解して自分のブログくらいはクリエイティブ・コモンズのライセンスを表示したいなあと思った。

CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ (NT2X)
小寺 信良 津田 大介

CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ (NT2X)
2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書 14) メディア進化社会 フラット革命 ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ モバゲータウンがすごい理由 ~オジサンにはわからない、ケータイ・コンテンツ成功の秘けつ~
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-, 社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.