読了:幻色江戸ごよみ

投稿日:

読了といいつつ、前に一度読んだものを入院中に読み返しただけだったりするのだが、やっぱりこの人は上手だなあと改めて思う短編が12編。
やるせなくなるような世間の不条理の中で、ちょっと心が暖かくなるような話ばかり。これぞ宮部ワールド江戸版という感じだ。
僕は中でも「器量のぞみ」というのが特に好きだ。器量って実は心映えなんだよって思わずうなずいてしまうのだ。
時代物が苦手な人にも是非試して欲しい一冊。

幻色江戸ごよみ (新潮文庫)
宮部 みゆき

幻色江戸ごよみ (新潮文庫)
本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫) 初ものがたり 堪忍箱 (新潮文庫) かまいたち (新潮文庫) あやし (角川文庫)
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.