モノ 技術・科学

変わる予感

投稿日:

iPod touchが楽しい。
最初はPCとの相性(USB接続の問題のようだ)でちょっと苦労したのだが、とりあえず問題の所在がはっきりしてどうやら初期不良ではないらしいと納得できたので一安心していろんな機能をためしてみている。
といっても、シンプルな機能の機器なのでどうということはないのだが、いわゆる「体験」というレベルではかなり興味深いものであることを実感し始めた。
既存のiPodとは明らかに違う。どこでそれを感じたかと言うと、初期の相性問題が起きていたときだ。現象としては、同期の途中で接続が切れてしまって、悪くすると本体をリセットしないと再同期ができないようになってしまうものだ。通信を契機にしてメモリへの書き込みがおかしくなって動作に問題が起きるという明らかに同期のプログラムの異常処理にバグがある事象だ。この事象が起きてしまうと音楽転送が使い物にならないわけでiPodの本来の用途であるミュージックプレーヤーとして致命的だ。結果的にはこの問題は別のPCとの接続では特に問題はないということがわかって、要するにUSBの相性問題なのだと結論して一応の解決をみたのだが、なぜか音楽が聴けないことはどうでもいいような気がしたのだ。
音楽がまともに転送できなくても、無線LAN接続はちゃんとできるし、SafariもYouTube閲覧アプリも動作していた。とりあえずそれらの機能を使っていたら、音楽を聴けないことなどどうでもよくなってきたのである。
要するにiPodが僕の中ではミュージックプレーヤーではなくなってしまったのだ。
つるつるの薄い板の上にインターネットの世界が映し出される。操作はその画面の上を指でなぞるだけだ。ほとんど不都合なく色んなページを渡り歩くことができる。iPod touchのSafariはこの種の携帯機器のブラウザの中では飛びぬけて優秀で、Ajaxを多用したサイトもきちんと表示されるし表示速度も不満はほとんどない。YouTubeの動画の表示はこの画面サイズならまったく不満のない画質だ。統一されたUIで検索して映像を見るだけ。とてもシンプルだ。
なにより立ち上げ時間がないというのがうれしい。ふと何かを調べようと思ったときでも2秒もあればgoogleの検索画面だ。文字の入力はまだ発展途上という感じはあるが、検索ワードを入れるくらいなら十分だ。
気がついたらパソコンを立ち上げるのが億劫なのである。
文字入力に難があるので長文を書くときはパソコンを使ったほうがいいと思うが、そうじゃなければたぶんパソコンは使わなくなるだろう。少なくとも僕はそう思った。
ノートPCの次は間違いなく一枚の板だ。タブレットPCなんてやぼったくない名前をAppleがつけてくれるに違いない。
それまでにPCに残っている情報を、とっととサーバにつっこもうと思う。

Apple iPod touch 16GB MA627J/A

Apple iPod touch 16GB MA627J/A
Simplism iPod touch用シリコンケース(ブラック) TR-SCTC-BK Simplism iPod touch用保護フィルムセット TR-PFSTC-CL Apple iPod touch 8GB MA623J/A ワンセグチューナー(PSP-2000シリーズ専用) ウルティマ ゲームタイム100+ 10周年記念限定版
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-モノ, 技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.