読了:夜は短し歩けよ乙女

投稿日:

「出合った」という感じがした。
これ、面白い。僕の大好きなタイプの小説だ。
書店で平積みになっているのを見て、気になってはいたんだけど、ハードカバーだしなあなんて思ってなかなか買う気にならなかった。
最近、こちらのコメントを読んで、読んでみようと思い立って書店に買いに行った。しばらく手持ちの本を読んで過ごしていたところだったので、この本を含めて5千円以上も買い込んでしまった。ま、そんなことはどうでもいい。

「黒髪の乙女」は不思議な存在だが、とてもかわいらしくて強くてチャーミングだ。理想の存在といってもいい。だから「先輩(私)」に僕はたやすく感情移入してしまう。もろもろの恥ずかしく愚かでもどかしい若かりし頃を思い出して、ひとつひとつ「うんうん。そういうことってあるよね。」とうなずいてしまったりする。
本に対する一種変態的な思い入れというのもわかるような気がする。まあ、僕の読書量では遠くおよばない世界ではあるのでけれど。

そういえば、この本を読んでいて、いくつかの過去の思い出の本たちを思い出した。

ひとつめは「清原なつの」。どうもこの本は清原作品の多少シュールなストーリーを思い起こさせるところがある。「花岡ちゃんの夏休み (ハヤカワコミック文庫 (JA840))」の大学生活はどこかこの本のムードとかぶるような気がするのだな。
ちなみに僕は清原なつのが「りぼん」にいくつかの作品を書いていた頃、全プレに応募するほど「りぼん」の愛読者であった。清原なつのの作品をそろえたくて、書店をはしごしてもみつからないRMC(りぼんマスコットコミックス)を店頭注文したものである。オタク全盛の今ならいざ知らず、結構怪しい十代を過ごしていたわけだ。

もうひとつは「もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵 (角川文庫)」。おどろおどろしいタイトルだが、椎名誠が仲間の目黒考二との意見対立(要するにケンカだな)をしたときに、その腹いせのために書いたと言われる珍妙な作品で、なぜこの本を思い出したのかというと、本をめぐって人生を擲つようなおバカな(失礼)人々が出てくるからなのである。

そういえばこの本に出てくる「古本市」。これはこれでかなり魅力的だ。残念ながら今僕が住んでいる札幌ではこのような催しに出かけたことはないが、ずいぶん昔に池袋はサンシャインシティ文化会館でたまたま行われていた古本市に行ったことがあった。確か明治か大正あたりの東京の古地図を買ったような気がするが、あのムードは独特のものがあったのを懐かしく思い出す。本がかわいそうだと思ってしまうような昨今の大手量販古本屋とは違う古書の世界はなかなかいいものなのだな。

それにつけても京都の街である。この本を読むとなんだか京都に住みたくなってくる。通りや町の名前を追って、地図を眺めながら読むのも一興。「黒髪の乙女」を探して夜の街を徘徊してみるのもさらに一興かもしれない。

夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦

夜は短し歩けよ乙女
太陽の塔 (新潮文庫) 新釈 走れメロス 他四篇 きつねのはなし 四畳半神話大系 鴨川ホルモー
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.