思念波

日本語が読めない?

投稿日:

“つぶやく”だけで漱石も一葉も読めなくていいの?:日経ビジネスオンライン

筆者はその昔、書店の現場で10年ほど働いていました。そのとき店頭で――もう20年ほど前になりますが――大学生であろう女性から、こんな問い合わせを受けたことがあります。

「樋口一葉の『たけくらべ』の翻訳ってないですか」

「え、樋口一葉は古文じゃなくて、普通の日本語だったよな」と内心思いつつ出版の有無を確認して、
「申し訳ありません、原文のものしか出ていないようです」
と答えると、その女性は残念そうに帰っていきました――。

今から思い返せば筆者は、時代の重要な転換点を、このときに見逃していたのかもしれません。つまり、この頃から日本人は「古文や漢文が読めない」から「古文調や漢文調がきつい文章も読めない」に移行しつつあったということです。

確かに明治や大正の頃の文章は読みにくいと思う。だけどさすがに「たけくらべ」を「翻訳」しようとは思わない。
言葉は時代につれて変わっていくもので仕方がない側面もあるけど、現代風に「翻訳」してしまったら原文の持つムードというかその時代の空気みたいなものがなくなってしまうような気がする。
まあ、そういうムードみたいなものを味わうというのは趣味の範囲といえるかもしれない。しかし問題は現代風のしゃべり言葉だけだと語彙が乏しくなってしまうことなのだ。古い言葉には難しい概念を表現するものがある。身の回りの見えるものだけを表現するだけで楽をしていると思考能力が弱ってしまうのだろう。
多少難しいと思ってもたくさん読んでいくうちに慣れてしまうものだ。今は「青空文庫」だってある。どんどん読んでいろいろ考えてたくさん書いて良い頭を作っていきたいものだ。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-思念波,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.