Myself 技術・科学 日々

しあわせだった

投稿日:

先月から今日まで4週にわたって北大大学院の公開講座に参加してきた。テーマは宇宙工学、先端流体力学、エネルギー革新、風力発電。どれも最前線の研究についての講義だった。

どの講義でも興味深いキーワードが出てきて、それを早速インターネットや附属図書館で調べたりしていろいろ考えるのが楽しかった。

学生と違って試験があるわけではないから気楽なものだが、こういう立場になるとムクムクと向学心が湧いてくるから不思議だ。ひとつの話題から知りたいことが広がっていく。そしてそれをいろんな手段で調べ、ひとつひとつ納得していく。こんなことをもっと若い頃に繰り返したかったなあと思ったりする。

北大の広いキャンパスをブラブラ散歩するのも楽しいけれど、たまには講義室で講義を聴くのもいいものだ。そして、いろいろ考えながら緑の多いメインストリートを歩く帰り道が幸せだった。

こうやってわりと気楽に出入できる大学が身近にあるのはありがたいことだ。札幌の町がまたひとつ好きになった。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-Myself, 技術・科学, 日々
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.