Myself 技術・科学

うーんうーん

投稿日:

最近毎日うんうん唸りながら理解するのに苦しんでいるのが線形代数だ。遠い昔にやったの記憶はあるのだが、はっきり言って僕は数学が苦手だったので本質的に理解できていなかったのだ。

どこの誰が書いたのか忘れてしまったのだが、数学はまず数式を音読できなければはじまらないということを読んだことがある。その通りなのだ。記号が読めないということはその概念の理解にも近づけていないと言って過言ではない。

で、線形代数である。このなかではあるグループの数を代表して例えばAと呼んで、そのグループ全体に対する演算をΣとかijとかこまごまとした記号でバサっと表すのである。これがパッと見てああ、このことだなと分かるためには下地になる知識がゴマンと必要なわけだ。要するに高度に抽象化されているわけですね。

まあ、順を追ってひとつひとつ考えていけばわかるはずなのである。が、数学で表現される言葉の羅列というのはある文脈で語られているわけで、その文脈の中にゴマンと知識が詰まっている。要するにそんなことは知っていて当たり前で説明が進んでいく。そうしなけりゃ説明しきれたもんじゃないからこれは当たり前のことなのだが、僕の頭ではいちいちその当たり前の中に分け入って理解を進めなければならないので進み具合が甚だ遅いのである。

まあ、実際にはプログラミングに使える数式があれば証明なんか抜きにしてなんとかコードに落とすことができるわけだけれども、これでは頭の隅がいつもモヤモヤしているのである。だから図書館で数学の教科書を探して読んだりするわけなのだ。

これは僕にとってなかなか苦しい戦いなのであるが、それでも学ぶのは楽しいのだなあ。

今の子供達は学ぶのが楽しいと感じているだろうか?ちょっと心配である。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-Myself, 技術・科学
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.