Myself 日々

最後まで使いたいモノ

投稿日:

このところ、毎月20冊の読書を自分に課しているということもあるからだろうか、眼が疲れると感じる事があって、目薬を常用するようになった。使っている目薬の減り具合を見ていて、ふと思った事である。
そういえば目薬って最後まで使った事がない。大半残った状態で使用期限が切れてしまって棄ててしまう。薬を相手にして変な話なのだが、ふと今使っている目薬はなんとか最後まで使い切ってみたいと思ってしまった。で、いつもは片眼一滴だったのを効能書きに倣って二三滴にしてみたりしている。
昔は使い切った事がないモノのひとつにボールペンがあった。机の中に中途半端に使って、しかもキャップを無くして書けなくなったボールペンがたくさんあるなんてことがよくあった。今はHI-TEC-C coletoというリフィルタイプのジェルペンを使うようになって、3色のリフィルをもう何度交換したか忘れたくらい使い切るようになった。使い切るのが楽しみでやたらとノートを取るようになってしまったくらいだ。
ノートといえば、これも昔はあまり使い切らなかったような気がする。学生時代はノートをとるのが苦手だったようだ。ってことはあまり勉強をしなかったってことでもあるような気がする。というのは置いといて、最近はこれまた最後まで使い切るのを楽しみにしてやたらと書いている。
使い切るのが楽しみだったものにバイクのガソリンがあった。給油するとタンクが空になるまで走りたくなるのだ。今は乗っていないけれど。
最後まできっちり使い切るということ自体は良いことだと思うのだが、早く使い切りたいという感覚はじつは無駄を孕んでいる可能性がなきにしもあらず。
まあ、いずれにしても今は仕事やお勉強のためにボールペンやノートを使い切っているのだから良しとしよう。
目薬は。。。どうだろうなあ(^^;







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-Myself, 日々
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.