読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

学び

読了:Uncle Tom's Cabin, Young Folks Edition

投稿日:

SONY Readerを手に入れてから、Project GutenbergからまずはThe Secret Gardenをダウンロードして読み始めた。なかなか面白くて案外どんどん読み進むことができるのだけど、この作品は結構長い。英語多読をやるにあたって少しは達成感のようなものが欲しいなと思ったのでもう少し短めの作品を読んで見ることにした。

で、選んだのがUncle Tom's Cabin, Young Folks Edition。Young Folks Edtionとなっているとおり、要するに比較的年齢の低い児童書で、ページ数が少なくて読みやすい。だいたい2日で読了。

アメリカの黒人奴隷の扱いといえば、とにかく過酷で残酷な話ばかりだと思ってしまうが、奴隷制度の問題点をとりあえず横に置くと、使用側の白人のなかにも奴隷に対する罪悪感とか、制度に対する違和感を持っている人もいたのだろう。比較的寛容な、普通の使用人的な扱い方をした人たちもいたようである。もちろん奴隷を家畜のように扱い、売買するというのも当たり前に行われていたわけで、そんな時代の背景を読み取ることができた。

短縮版の小説なので英文でも根気よく読み続けることができた。ただし、頭の中にイメージは湧くものの具体的な文章が完全に理解できているかというとまだまだそんな状態ではない。しかし、あえて日本語に訳してみたりしないことで英語は英語のままイメージするという感覚がわかってきた気がする。たぶんこれが多読メソッドのポイントなのだろう。

いずれはUncle Tom's Cabinの原書のほうも読んでみたいと思った。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-学び,
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.