読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

おもしろ モノ

SONY ReaderでRabooを使ってみた

更新日:

以前、Readerの購入動機は英語のフリー書籍を読むことで、あまり日本語有償書籍の購入には興味がないと書いたのだが、やはり一度は体験しておこうと思ってRabooから書籍を購入してみた。

  1. まず、楽天のアカウントが必要
  2. Rabooのサイトからソニー「Reader」機器認証というリンクを押して機器認証に進む。Rabooは全体的にそうだが各機能の操作ボタンがわかりにくい。なまじ下手くそなデザインボタンを使っているせいだと思う。きちんとレイアウトされたリンクのほうがよほどわかりやすいのに。
  3. 機器認証のために「eBook Transfer for Reader™」をインストールしておく必要がある。
  4. ReaderをUSB接続しておく。
  5. 楽天のアカウントでログインする
  6. 機器認証ボタンを押すと認証される。要するにReaderの個体IDを読みだしてRabooが覚えておくということだ。たぶん購入する書籍になんらかの形でこの個体IDを埋め込むのだろう。とするとダウンロードしたファイルは認証した機器でしか読めなくなるということになる。
  7. 読みたい本を探す。これもサイトレイアウトが悪くて戸惑う。要するに「ジャンル」と書いてあるでかいボタンをクリックしてジャンル別に本を探していくのだ。いきなり検索するならともかく、ザッピングしていく方法で本を探すためには不便でどうしようもない。数ページ見たらもう見るきがなくなる。
  8. 読みたい本を見つけたら、「詳細を見る」ボタンをクリックする。
  9. 開いたダイアログで「Readerサンプルダウンロード」ボタンをクリックするとサンプル本がダウンロードできる。だいたい目次と「はじめに」くらいが読める。
  10. 購入するなら「ダウンロード購入」ボタンをクリックする。あとは楽天の決済処理と類似の処理をするとダウンロード画面に進むことができる。そこで「Readerダウンロード」すると「eBook Transfer for Reader™」とReader本体に購入書籍がダウンロードされる。
  11. Readerで読む。

ざっとこんな手順だった。この方式で問題なのは各書店が個体IDを持っていること。ダウンロードした書籍ファイルをバックアップしておけば買ったときに認証していた個体IDを持つReaderで読むぶんには問題ない。Readerを買い換えたりしたときは書店に再度Readerを認証しなおして書籍をダウンロードする必要がある(はず)。まあこれも良しとしよう。では、急に書店がこの電子書籍配信方式をやめてしまったら。。。もう新しい機器に購入した書籍をダウンロードする手段がなくなるのだ。

いやあ、せっかく始めたんだからそう簡単に辞めるなんてことはないだろうなんて思ってはいけない。過去に実際にSONYの音楽配信システムでそういうことがあって、僕は購入した音楽が聞けなくなってしまったという経験を持っている。だからこの各書店が暗号キーを持つ方式のDRMはとてもじゃないが信用できないのだ。

実はiTunes Storeとかamazonも同じ問題を孕んではいる(iTunes Storeはまだいい。DRMなしの楽曲も売っているから)のだが、なにしろ店舗の規模が違う。DRMの方式変更が仮にあったとしてもなんらかの互換性が保証されそうな安心感がある。

国内の電子xx配信システムは「権利者」とやらに気を使うあまり消費者の権利を実は大きく侵害しているということができる。DRMを使うならそれを未来永劫使えるように保証するべきなのだが、そこに対しては全く及び腰だ。「権利者」とやらは「俺は技術のことはようわからんからそんなことは知らん」という態度をとっているように見える。まああくまで私見だけどね。

まあ技術とか制度の問題に深入りするといろいろ調べなきゃならないことが出てきてしまうのでこの話は置いとくとして。。。

じゃあ電子書籍のダウンロード手順が簡単だったかといえば、それはNOでしょ?上の手順を見ると。まあ、二度目以降は7番からやればいいんだけど、Raboo以外の例えば紀伊國屋BookWebで買おうとすると1番目からやりなおさなきゃいけないわけ。不便じゃない?

amazonがやってきたら、kindleにamazonのアカウントセットするだけで7番から後の手順だけで本を買える。もちろんamazon以外の本屋には行かないからそれ以降はずっとamazonだ。音楽を買うのにiTunesしか使わないのと一緒だ。

そんなアメリカの企業に牛耳られて怖くないのかという人も居るだろう。そういう人はめんどくさい手順を踏めばよろしい。僕はamazonでいいや。だからはやくamazonがkindle引っさげてニッポンにやってくるのを待っているというわけなのだな。

Amazon kindle4 WiFi アマゾン・キンドル4 WiFi接続のみ New

Amazon kindle4 WiFi アマゾン・キンドル4 WiFi接続のみ New

by G-Tools

ソニー 電子書籍 Reader PocketEdition 5インチ(シルバー) PRS-350-S

ソニー 電子書籍 Reader PocketEdition 5インチ(シルバー) PRS-350-S
反射低減タイプ 保護シート 『Perfect Shield SONY Reader PRS-350 』 ソニー 電子書籍 Reader PocketEdition専用ブックカバー(グリーン) PRSA-SC35-G ELECOM 電子書籍用AC充電器 USB ブラック TB-ACUBK ELECOM SONY Reader PRS-350 5in対応 シリコンケース クリア TB-SO35SCCR ELECOM SONY Reader PRS-650 6in対応 保護フィルム マット TB-SO65FL
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, モノ,
-, , , , ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.