読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

日々

天気が良くて寒い一日

投稿日:

今日は用事があって午後から中心部まで出かけた。朝から青空がきれいで、午前中は居間で陽にあたっていると暑いくらいだったが、外は放射冷却したのかなかかなの寒さで、道は氷でツルツルだった。

久しぶりに地下鉄に乗った。昼間の地下鉄はほとんど立っている人がいない。赤字を解消するのはなかなかに厳しいのだろうなと思うが、考えてみれば札幌の地下鉄は案外不便なところを通っている。

例えば区役所。案外地下鉄の近くにはない。役所にはコミュニティ関連の施設が併設されていることも多いが、地下鉄から距離があって行きにくい。札幌みたいな寒い所では公共の建物と公共交通機関がなんらかの形で連絡していたっていいと思うのだがそうは設計されていないのだ。だから通勤通学頼みの交通機関になってしまい、昼間はガラガラということになってしまう。

すでに走っているバスの経路に遠慮したということもあるのかもしれないが、巨額をかけて作る地下鉄は利便性をよく考えて作って欲しいと思いながら帰ってきた。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-日々
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.