読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

読了:そうだったのか!現代史

投稿日:

池上彰さんの本。

この本を読んでみると20世紀は本当に戦争に明け暮れた世紀だったのだなと思う。特に印象的なのは、人民中心を思想の中核とするはずの社会主義を標榜する国家がいずれも人民を塗炭の苦しみに巻き込んでいることだ。前に読んだ「民主主義とは何なのか」に書かれていた民主主義のうさんくささを突き詰めると社会主義国のようになるのだという気がする。民主化という行動は注意して行わないと過去の歴史を繰り返しかねないと思った。

池上彰さんの本は読みやすくわかりやすい。学校では習わない現代史を各トピックごとにコンパクトにまとめたこの本はとても勉強になった。パート2も是非読んでみたい。

そうだったのか! 現代史 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)
池上 彰

そうだったのか! 現代史 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)
そうだったのか! 日本現代史 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫) そうだったのか! 中国 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫) そうだったのか! 現代史パート2 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫) そうだったのか! アメリカ (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫) 知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.