読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

日々

確定申告の書類を作った日

投稿日:

朝は通常平日の時間に起床。午前中は楽しみにしているメルマガを読み、フィード消化して過ごした。丹念に読んでいくと案外時間がかかるものだ。まあ、暇だから丹念に読んでいるだけなんだけど。それから Kindle でいつものようにCNNを読んだ。わかったようなわからないような。もう少しきっちり理解したいと思うのだが如何せんまだまだ読解力がついてこない。英語の道は険しいのだな。

午後に確定申告の書類を作成。と言ってもサラリーマンなので医療控除の計算をするくらいなのだが、ウチはちょこちょこ医者にかかる人が多いので領収書の集計が結構大変だったりする。二回集計して間違いないことを確認し、確定申告書作成のサイトへ行って入力。ここがまたろくでもないサイトで、IE推奨のうえにバカスカポップアップする。普通ポップアップって危ないから止めるよね?それで一回目の入力は空振り。このサイトだけポップアップ許可してなんとか印刷画面まで進んでプリントアウト。とりあえず今日は書類が揃ったので明日申告に行く予定。e-taxなんかどう?と家人に言ってみたけどサイトが信頼できんそうで、僕もそう思ったりして。

この間から SONY Reader で読み始めている「PUBLIC」が面白い。なんだかどこかで読んだような議論が出てくるなあと思ったら12月に読んだ「知はいかにして「再発明」されたか―アレクサンドリア図書館からインターネットまで」に似たような議論が出てきたんだな。要するに知の再発明はPUBLICな場で行われるが、再発明の際には必ずそれに対する反発が生まれているっていうこと。僕達が差し掛かっているインターネットの世界は活版印刷が発明された頃に匹敵するんだけど、活版印刷の時にも反発とういか不安感のような議論がなされていて、しかも本質的に価値の変革が理解されたのは10年以上経ってからだったことを考えれば、今PUBLICということが本質的に理解されないのは仕方がないということらしい。一世代変わったくらいの頃にはPUBLICがちゃんと理解されて、それに対するプライバシーってことも自明になるのかもしれないな。まだ三分の一しか読んでないから理解できたとはいえないけどそんなことを感じながら読んでいる。

さて、明日は通院日。今週いっぱいで長い休みは終わり。来週から復帰準備のリワークだ。徐々に心の準備をしていかなければ。

パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ
ジェフ・ジャービス 小林 弘人

パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ
メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 (生きる技術!叢書) シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略 キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術 フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-日々,
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.