読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

日々

読書と温泉の日

投稿日:

今日はちょっと遅めに起きて昨日入手した「みをつくし料理帖 夏天の虹」を読んだ。このシリーズはとても気に入っていて、読み始めるといつもあっという間だ。今回はかなり辛い内容で涙が出てきてしまった。いつも年に2冊出ているのだが、次の巻は一年後になるらしい。先が気になって待ち遠しいな。

お昼に初めて大阪王将へ行ってきた。評判の餃子はやっぱりうまかった。天津飯、エビチリ、ねぎ塩焼きそばを食べた。どれもうまい。人気が出るのがよくわかる。きっとたまに無性に食べたくなって行ってしまうんだろうなあ。

お昼の後は温泉へ。僕はどちらかといえばカラスの行水の人なのでバタバタと入ってすぐ上がってきてしまうのだが、お湯の中で身体がほぐれ、肌がすべすべになって気持ちが良かった。日常の生活の中では緊張していないようで緊張している部分があるのだろう。昨日から少し落ち込んだ気持ちがやわらいだ。温泉の効果はなかなかのものなのだな。

天気はいまいちだったがいい一日だったな。

夏天の虹―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
高田 郁

夏天の虹―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫) 春恋魚―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫) 仇討: 吉原裏同心(十六) (光文社時代小説文庫) 雪割草―立場茶屋おりき (時代小説文庫) 鳴き砂-隅田川御用帳15- (廣済堂文庫)
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-日々,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.