読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

日々 音楽

イヤホンを取り出して

投稿日:

僕はいつもiPod touchを持って歩いている。だけどこの一年くらいはイヤホンを鞄のポケットに入れっぱなしにしていた。要するに携帯端末としての機能しか使っていないということだ。かなりの量の楽曲が入ってはいるのだが、結局自分の持っているCDから入れたものが大半で、聞き慣れてしまって飽きてしまったという感じだった。と言って別のCDから新しい曲を入れるわけでもなく、iTunes Storeで新しい曲を買うということもなかった。音楽を聞くという年齢ではなくなったのかなと思ったりもしたくらいイヤホンは使わなかったのだ。

それが昨日から昼休みとか帰りの電車の中で音楽を聞くようになった。もちろん聞き慣れた曲ばかりで飽き飽きしているはずなのだが、今まで何百回か聞いた曲の歌詞が急にイメージになって頭の中に広がったりしてちょっと驚いたりする。なんというか、「そういう意味だったんだな」という感じ。

今まではなんでもなかった歌詞がやたらと胸に迫ってきてなんだか涙が出そうになったりすることもある。音楽にはその年齢じゃないと感じられないナニモノかがある。といつか思ったことをまた思い出した。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-日々, 音楽
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.