読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

moblog 学び 日々

脳に興味があるのだ

投稿日:

放送大学で心理学の勉強を始めて1年たった。最初は心理臨床に興味があったのだが、心理学の各分野を学んで、徐々に認知とか発達に興味が移ってきた。
認知心理学や発達心理学の分野を学んでいると、脳の話がたくさん出てくる。少しずつ脳の構造がイメージできるようになった。まだ機能領域はあやふやだけど、感情はどこが関係しているとか、視覚は高次機能に伝わる経路が二つあるとか、断片的な知識がついてきた。
最近は書店や図書館で脳に関する本を見つけるととりあえず開いて見ている。
結局最終的な疑問は心がどうやって生まれ、どのような仕組みで働いているのかということになる。だから心理学なのだが、脳が解明されるに従って心理学の領域は狭まってくるような気もする。といったところで心理学は歴史が浅くてわからないことだらけだからまだまだ研究しなければならないことが山積しているわけだけれども。
たぶん知りたいことは脳の機能的な側面と、心理学のヒトを外から見た側面とが出会ったところに答えがあるのだと思う。
今はもっと脳のことを知りたい。それが僕の探究心の方向なのである。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-moblog, 学び, 日々
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.