読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

moblog 働き方 思考 日々

集中力のこと

投稿日:

僕は案外集中力がある。というか、あることに集中すると完全に周りが見えなくなる。まあ、それは割と普通のことなのかもしれないが、会社では困ることもある。出なければならない会議をすっかり忘れてしまうことがしばしばある。席の周りがやけに静かだと思った時にはすでに一時間くらい過ぎていてもう会議が終わる頃だったりする。
こういう時は道具の力を借りなければいけない。会議の予定は朝に予定を確認した時にiPod touchでアラームするようにしようと思う。
認知心理学ではこのような事象を「注意」として扱っている。ヒトに限らず生き物はさまざまな感覚器をもっていて、それらは周囲のあらゆる音や光や振動やいろいろな事を物理的に全て集めて神経に送り込んでいる。これを全て脳で処理するとしたら膨大なエネルギーが必要なはずだ。だから脳のどこかで、注意しているもの以外はノイズとして扱うような仕組みが働いている。それが注意なのだが、何かに集中して何かを忘れる人は注意力が足りないと言わせる。学術用語との齟齬がここにあって面白い。
それにしても会議を忘れるようではいけない(忘れるような会議はどうでもいいという議論もあろうが)。
実は大抵の会議などの開催通知はメールでもらうので、読んだらすぐにOutlookの予定表に入れている。だからちゃんとその時間になったら教えてくれているのだが、ディスプレイを二つ並べてそこにたくさんのウインドウを開いて仕事をしていると、その知らせを見落とすことが良くあるのだ。慣れてしまっているのだろう。これを心理学では馴化という。この状態では何か珍しい事象が起きないと注意が向かないことになる。そこで私物のiPod touchを使おうというわけだが、会社の会議は秘密も多いから私物にそれを入れるには工夫がいる。そんな事を考えずに便利なクラウドサービスが使えないものか…
大人の世界は難しい。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-moblog, 働き方, 思考, 日々
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.