読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

技術 日々

信頼

投稿日:

とあるサイトで、httpsのページに進もうとしたら、証明書が違うから危ない!とブラウザが警告を発したので、その先に進めなかった。そのページに行ってやりたいことがあるので困った。しかもそのサイトはプライバシー保護に関するサイトなのだった。信頼して良いものか考えてしまった。
インターネットでサイトを信頼するひとつの手段として、しかるべきところから発行された正しい証明書を使っていることを確認するという事がある。でもまあ、とりあえずはhttpsが正常に繋がっていればいいかなというくらいで済ましているが、ホントはちゃんと証明書を調べたほうが良いんだろうな。それで納得がいけば信頼する、と。
でもこれ、よほど詳しい人じゃないとよくわからないんだよね。
少なくともブラウザが警告を発したらその先には進みにくい仕掛けが必要。その点IEよりchromeのほうが危機感の強いメッセージを発してくれるようだ。
うーん。いろいろ考えてしまうなあ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術, 日々
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.