読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

働き方 思念波 日々

ルーチンワーク

投稿日:

なんでも始めることは難しい。ルーチンになって走り始めるところまでは細々とした申請とかルール作りとか、いろんな準備が必要だ。ルーチンが回り出したら半分くらい終わったと言ってもいいくらいだ。
だいたいそういう大変なことがわかっているからなんでも始めるのは億劫なものなのだ。
お役所の手続きみたいなものは、滅多にやらないから大変なので、何度もやっていれば実は大きなルーチンワークなのだとわかる。それがわかると楽になる。まあ、妙に複雑だと思わないこともないが。
仕事というか、プロジェクトは大抵ルーチンワークになっているのだが、単位が大きいことが多いのでプロジェクト自体が繰り返されているルーチンワークだとは捉えにくいかもしれない。人の一生の長さに近いプロジェクトなんかは繰り返すことができない。しかし昔からのプロジェクトを運営する知恵がはたらいている。
プロジェクトの中には小さいプロジェクトがたくさん回っている。上手なプロジェクトマネージャーはそういう小さいプロジェクトを作って自立的に回るようにして放していく。後はそれぞれが完結するまで眺めていればいい。
いずれにしても眺めていれば良いようにするのが大変なのである。だから物事を始めるのは億劫なものなのだ。
それを億劫がらずにやれるのがいいプロジェクトマネージャーなのかもしれない。
僕は億劫だなあ^^;







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-働き方, 思念波, 日々

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.