読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

技術

新しい入力方式

投稿日:

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140821/371904/?n_cid=nbptec_neml&rt=nocnt

NTTが、手元を見ずに日本語入力できるスマホ用の入力方式を開発したらしい。基本的には視覚障害をもつ人向けらしいが、この手の入力技術は健常者でも使えるはずだ。練習すれば確実に効率よく入力できるのであれば僕も使いたい。
フリック入力もまずまずなのだが、日本語はともかく英字はダメダメだ。まだ効率の良い入力方式は考えられそうだ。
それができれば片手でガリガリコーディングなんでことも夢ではない。
片手に便利な入力パッドを持って、画面はメガネ型にすれば最強。そういう風にならないかな。
そう言えばiPhoneがちょっと大きくなるらしい。そうなったらフリックやりにくくならないかな。僕は今のiPod touchがベストサイズに感じるのだ。
手に馴染む入力デバイスはそうそうない。そんなことも考えて新デバイスを出して欲しいな。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.