読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

読了:経済で読み解く明治維新

投稿日:

なかなか面白かった。一つの仮説と言えばそれまでなのだが、経済原則に従って考えれば、明治維新の後に日本が急速に近代化したのは江戸時代に経済が十分発達していたからだということができる。何しろ自分たちは意識していないながらも西洋ではまだ成立していなかった管理通貨制度に近い仕組みを動かしていたのだから。

とはいえ、いつの時代も借金を嫌い、財政再建を優先しようとする人はいる。経済を良くすることが財政再建の近道であるとはなかなか信じられるものではないのだろう。それも分かる。経済をよくするというのは言うほど簡単ではないからだ。それは現代を見れば分かる。

ただ、経済を良くすることを真剣に考え、それを実現できれば大きく発展できる可能性が日本にはあるのだと思う。

この本で言いたいことはそういうことだろう。

経済で読み解く明治維新 江戸の発展と維新成功の謎を「経済の掟」で解明する
上念 司

経済で読み解く明治維新 江戸の発展と維新成功の謎を「経済の掟」で解明する
倉山満が読み解く 太平記の時代―最強の日本人論・逞しい室町の人々 日本人だけが知らない「本当の世界史」 (PHP文庫) 劣化左翼と共産党 SEALDsに教えたい戦前戦後史 基礎教養 日本史の英雄 中国黙示録~未来のない国の憐れな終わり方~
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.