読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

学び 思考 日々

読了:科学がつきとめた「運のいい人」

投稿日:

運のいい人とはどんな人なのか?運を良くする方法はあるのか?科学的に突き詰めてみた本。

運を良くするための日頃のちょっとした行動や考え方について脳科学の知見から論じたもの。

少なくとも運が悪くなるような行動はしないようにしたい。できれば運が良くなる行動をとりたい。この本に書かれている一つ一つの行動を自分の中に取り入れてみたいと思う。

科学がつきとめた「運のいい人」

中野信子

科学がつきとめた「運のいい人」
世界で活躍する脳科学者が教える! 世界で通用する人がいつもやっていること 東大卒の女性脳科学者が、金持ち脳のなり方、全部教えます。 努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本 脳科学からみた「祈り」 脳はどこまでコントロールできるか? (ベスト新書) あなたの脳のしつけ方 正しい恨みの晴らし方 (ポプラ新書) 脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書) コミックエッセイ 脳はなんで気持ちいいことをやめられないの? 運のいい人の法則 (角川文庫)
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-学び, 思考, 日々,
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.