読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

思考 日々

ブロックというコミュニケーション

投稿日:

残念な話

だからアナタは交渉ベタ!ホステス流「40代女性がオフィスでYESと言わせる3つのコツ」

という記事がある。読んでいただくとわかるが、要するにオフィスでのコミュニケーションのコツについて書いてあるコラムである。

僕はこれを書いた人をfacebookでフォローしていて、このコラムが紹介されていたので、読んで、何となく違和感を感じたので率直にコメントした。「なんか違う気がする。僕がひねくれてるのかもしれないけど。イラっとした。」とあえて女性的な言い回しを使って書いた。まあ、あまり品のいいコメントではなかったなと思う。結果ブロックされてしまった。

何が変だと思ったのか?

さて、その違和感、何かと言うと、まず「ホステス」という人が男をバカにしているというふうに感じたのである。男は基本バカで、それで業界が成り立っているのだから、それ自体は構わないんだけど、そのコミュケーション術を「40代女性」に敷衍するのはどうかな?と思ったのである。

40代といえば、男でも女でもオフィスでは管理職を担っていておかしくないのである。管理職に要求されることは「何かひとかどのことをやり遂げる力」なのだ。もちろん部下もいて、人に上手に仕事をしてもらうテクニックを持っていることは悪いことではない。でもそれは相手におもねることではない。ある方向を示してそこに進んでいけるようにお膳立てをすることなのである。

今の社会は残念ながら女性管理職というのは多くないけれど、これからはどんどんそういう人が出てこなければならない時代なのだ。そう考えるとこのコラムはちょっとミスリードしているなと思ったのである。

思ったより重要な問題

SNSでブロックという手段を取るのはなかなか難しい。実際、僕はどのSNSでもよほど社会的に問題があると思う書き込みをする人以外はブロックをしたことがない。特に一度でもコミュニケーションをとったことがある人であればブロックすることはない。相手のメッセージを抹殺することになるし、相手に自分が狭量であるという誤ったメッセージを送りかねないからである(まあ実際狭量かどうかはこの際棚上げするが)。

僕がとても残念に思うのは、コミュニケーションを扱って書き物をしている人が、気に入らないコメントをみて簡単にブロックしてしまったことである。果たしてコミュニケーションについて語る資格があるのだろうか?基本的に人をモノとしてしか見ていないのではないか?そんなふうに感じたのだ。多分明らかに誤ったメッセージであろう。

SNSでは変に絡んでくる人もいるからブロックという自衛手段があるのはいいことである。ただ、使うときは慎重にしたほうがいい。

じゃないとこんなふうに粘着ブログを書かれることになるかもしれないよ







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-思考, 日々
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.