社会

最後まで腰が座らなかった結果か

投稿日:

有料音楽配信サイト「du-ub.com」が8月末でサービス終了(INTERNET Watch)
インフラについて人任せで、既存の流通機構を変える意気込みもなく、いかにも中途半端に経過した結果がこれだと思う。明確な戦略がなかったと言うべきか。
既得権益がなくなる前に新しいインフラを用いたビジネスモデルを開拓しておかないと、顧客にも大事なアーチストたちにも逃げられてしまう。すでにCDメディアには限界が見えてきているんだから、なんらかの手を打っていかないとジリ貧になってしまうのは間違いない。
8月末にサービスを終了するというのに、既存楽曲のその後のダウンロード販売楽曲の扱いについて今の時点でなにも決まっていないと放言するあたり、どっちに向いて商売やってるんだ?と疑いたくなる。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.