国際 政治 社会

読了:日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか

投稿日:

本の情報

どんなことが書かれているか?

  • 嘘と誤解だらけの日中韓の真実
  • カルト的な日本左翼の実態
  • 激化する米中対決の行方
  • 洋の東西からやってきた外国人が見た日本
  • そろそろ立ち上がれ日本!

読んでどんなことを考えたか?

僕は前から「愛国心」という言葉が嫌われることや、学校の卒業式などで国旗や国歌に敬意を払うことを嫌う教師がいることに違和感を持ってきた。僕は日本が好きだし、日本に誇りを持っているが、なぜかこういうことを言うと右翼みたいだと言われることがしばしばある。自分の生まれた国が嫌いだなんて不幸ではないだろうか?

日本には言論の自由があるから、どんな意見も言うことができる。もちろん批判することも自由だ。しかし日本人は議論することが致命的なほど下手くそなので、ともすると個人攻撃とか悪口の言い合いになってしまうのには呆れてしまう。自分の意見を述べずにただマスコミの報道を垂れ流す思考停止の人も多く見かける。

この本は、中国から日本に帰化した石平さんと長年日本で言論活動を行なっているケント・ギルバートさんが対談で中国、韓国、アメリカの問題点について語り、その上で日本の問題点について議論している。

ケントさんは日本のリベラル(かなり左に寄っている)の問題点の元凶をGHQの行なったWGIPにあると述べている。そしてそれは日本の歴史に対する無知から生まれたものであり、日本人はそれを認識して克服する必要があると言う。さらに、東京裁判や日本国憲法が日本人に与えた問題についても言及している。

石平さんは中韓の思想的背景の問題点について、儒教の形骸化とその悪影響が現代の中韓の人々の考え方にどんな影響を与えているのかを明快に語っている。

ここに日本人がいないことがポイントである。外から見た日本が政治的にいかに異常な状態であるかを語っているのである。

その上で、日本人が考え直さなければならないことを示唆している。そして、彼らの愛する日本のために日本人に示せることを語り続けることを決意しているのである。

我々日本人の変なところはどこなのか?東西からやってきた彼らの意見に耳を傾ける必要があるのではないか?

激動の時代を迎えた東アジア状況に対応するには日本は何をしなければならないのか?色々考える機会になった。

面白かった?

うーん。まあ面白かった。正直耳の痛いこともあった。歴史認識については考え直さなければならないこともあり、特に中国や韓国の歴史についてもっと知る必要があると思った。そして、日本人は事なかれ主義でなく、これらの隣国や国際社会ときちんと議論ができる理論武装をして行かなければならないと思った。

まとめ

対談の二人ともが日本が大好きな人である。ひょっとすると多少のバイアスがあるかもしれない。しかし、きちんと議論ができる言論人である。議論もせずにレッテル貼りをして悦に入っている人々が出る幕はない。反論があるなら堂々と議論しよう。それが今の日本人に必要なことだと思った。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-国際, 政治, , 社会
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.