読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

Myself 働き方 思考 日々

ひさしぶりにGTDをやってみる

投稿日:

GTDってなんだ?

Getting Things Doneの略。個人用のワークフロー管理の方法の一つで、デビッド・アレンという人が考えた。と、Wikipediaに書いてあった。

なんてんで一時流行った。僕も新しいもの好きだからやってみたんだけど、あまり続かなかったな。たぶんその頃は自分のやりたいこと中心に動いていなくて、仕事に追われて疲れ切っていた頃だったからだと思う。こういうフレームワークを回すこと自体がすでに億劫だったのだ。

今回はどうやって動かすのか

まず型から入るのが好きな僕は、とある人が勧めていたtodoistというのを使うことにした。

さっそくGoogle Calendarと連携させたら、さくっとインボックスに当面の予定が入った。それに始めるときに今日やることと、毎日やることだったかな?を入力するようになっていて、とりあえずの使い方がわかってしまう。

今日やることにはtodoistの「セットアップをする」というのを入れた。毎日やることには「ブログを書く」というのを入れた。取っ掛かりとしては上々。

それから、他に毎日やっていることをプロジェクトにして、今勉強していることをひとつのプロジェクトにして、読書というプロジェクトを作ってその下に積読本を全部入れた。

まず始まりはこんなところかな。

todoistの良いところ

Webからも使えるが、各プラットフォームのアプリも揃っていて、スマホなんかではかなり重宝することが挙げられる。それから、前にも書いたけどGoogle Calendarとも連携できるのでカレンダーの予定と合成して日々のやることを管理できる。

他にも場所でリマインドするとか、いろんな機能があるらしい。使い倒したいがまだまだ。今のランクは「新米」だ。使っていくうちにだんだんランクが上っていくらしい。そういう要素があるのも面白いと思う。

IFTTTとも連携できる。ただし今のところ新しいプロジェクトを作ることくらいだけど。本当は今日やることを読み上げてくれると嬉しいんだけどな。

さて、どれくらい続けられるだろうか?

今回は続ける。仕事をうまく融合できればバッチリだ。

本格的にストレスフリーな仕事をするぞ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-Myself, 働き方, 思考, 日々,
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.