おもしろ 働き方 国際 学び 思考 日々 社会

読了:バッタを倒しにアフリカへ

投稿日:

本の情報

どんなことが書いてあるのか?

  • 著者は子供の頃からファーブルに憧れ、昆虫学者になりたかった
  • なかでもバッタが大好きであった
  • アフリカではバッタによる被害が今も問題になっている
  • モーリタニアに行ってバッタを研究することにした
  • 日本では博士は石を投げれば誰かにあたるというほどいる。そのなかで研究で食べられるようになるにはどうしたらいいか
  • 自分の研究がアフリカのためになることを夢見る日々
  • 研究者はかくあるべし

読んでどんなことを考えたか?

学問で身を立てるのは今は難しい時代だということがわかった。昔は学者になるのが大変だったが今はポスドクといわれる博士号を持っていても定職にありつけない人たちがいっぱいいるらしい。

日本では実学が好まれる。バッタの研究だって本当はアフリカに行けば立派な実学なのだが、日本では昆虫の学問の本の一部分である。しかし、著者はそこに自分が昆虫学者として生きる道を見つけるのである。

研究室でやる研究というのにももちろん意味がある。しかし、特に昆虫を相手にする場合、実際にフィールドで研究することが重要であるらしい。それはそうで、自然に暮らしている昆虫の生態は実際に現場に行かないとわからないことが多いのである。

研究者の凄さを感じたのは、研究のために必要な実験道具は自分で作るというところだった。これもあたりまえといえばあたりまえで、研究は誰かがやったことを後追いしても仕方ないのである。誰もやっていないことにチャレンジするためには実験器具の工夫も自分でしなければならない。発想と器用な工作技術が必要なのである。

なによりすごいことは、著者が、アフリカの大地のバッタをその地で研究することによっていずれアフリカでの蝗害をなくすことを目標にしているということである。

自分の夢のためには見栄もへったくれもない。自分の研究を知ってもらうため、ブログを使い、ニコニコ超会議で発表をし、研究費を得るためのあらゆる努力をする。こういう姿勢も素晴らしいと思った。とにかく現場でできるすべてのことをする。この姿が読者を缶詰させるに違いない。

彼のブログはここにある。

研究となんぞやということが楽しく勉強できる稀有な本である。

面白かった?

文句なく面白かった。

砂漠の国モーリタニアでの暮らしとか、砂漠にいる生物のこととか、人々のナマの姿がとても良くわかる。

そして、いろいろな障害に打ち勝ちながら研究をすすめていくのがまるでRPGのようだ。最後までワクワクしながら読めた。

まとめ

生半可な気持ちで博士になりたいとか考えない方がいいし、まかりまちがって博士号を得ることになってもそれで人生が薔薇色になるものではない。

とにかく好きなものがあって、その研究ならどんなことがあっても飽かずにできてしまうと言う人以外は研究者にはなれないということがわかった。

でも、いつかはファーブルを超える昆虫学者になるという夢に、足をかけている人がいるということも忘れてはならないことだろう。あきらめなければ夢は叶う。それがこの本のメッセージだ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, 働き方, 国際, 学び, 思考, 日々, , 社会
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.