読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

おもしろ 思念波 技術 日々

FAXで申し込み?

投稿日:

とある講演会に参加を申し込もうとしたら

申込書がPDFで、申込みはFAXを送るようになっていた。申込書にはメールアドレスを書く欄があった。

なんなんだ!

と思いましたね。Webページから申し込みできるようにしろとは言わない(たぶんそんなリテラシーのない人たちがやってる団体主催だからね)。せめてメールで申し込みできるようにして欲しい。

で、しぶしぶやりました

スマホからPDFをプリントして、ボールペンで名前とか書いて、長女が買い物にいくというのでコンビニで送ってくれと頼んだ。

するとですね、長女はFAX送ったことなんかないからA4一枚に結構時間がかかるというのに驚いたし、ちゃんと届いたか自信がないというわけです。

そうだよね。FAXってたぶんあいかわらず2400bpsくらいで送ってるんでしょう?一時ISDN対応FAXとかあったけど、もうISDNだって虫の息だしね。まーとってもローテクなレベルに合わせておくのが一番いいのでしょう。

でもだいたいいまどきFAXのある家ってインターネットリテラシーのない家だよね。いわゆる情報弱者がかなり重複する領域だ。

LINEでリアルタイムのやり取りしながら、FAXってこんなに時間がかかるの?とか訊いてくるのってシュールだよね。僕はFAXの送信時間はなんとなく感覚的にわかるから送れたなって実感できるけど、やったことない人にはわからない。

日本語って昔から絵に近いので、未だにFAXがよく使われているのはまあわかるんだけどね、インターネットで集客してFAXで申し込めって逆にハードルが高いような。

そういう矛盾に気が付かないってことはやっぱり情報弱者だよな。そういう人がまだまだ社会を動かしてるってことだ。

日本はもう駄目かもしれない。

ちなみにコンビニFAXはちゃんと送信結果表というのを出してくれるんですね。偉い。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, 思念波, 技術, 日々
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.