読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

働き方 学び 日々

ToDoの管理が少し緩んできた。どうするか。

投稿日:

ToDoの管理にはTodoistというサービスを使っている

Todoistというサービスを使っています。ToDoをどんどん入力していって、それを毎日クリアしていくのはなかなかいい気持ちなんですが、ちょっと緩んできてしまいました。

原因は、ひとつひとつのタスクを達成するための時間をがよくわかっていないので、あるタスクをなんとなくダラダラやってしまったり、結果時間がなくなって当日やるべきタスクを翌日回しにせざるを得なかったりということが増えてしまったということだと思います。

タスクにかける時間をある程度把握する必要があるなと思い始めました。

で、思い出したのがこの記事。

「たすくま」を使って、崩れた生活リズムを元に戻しているところです。

僕の場合、タスクにかける時間を全く考えていなくて、適当に時間を使っている。仕事のできる人はちゃんと時間管理をしているんだなと思ったのです。

TaskChuteCloudを使ってみることにした

上で紹介したブログ記事のニコさんはiPhoneで「たすくま」を使っているようですが、ググってみるとわりと比較されているのがTaskChuteというアプリケーションであることがわかりました。TaskChuteは大橋悦夫さんという方が飛び込み仕事を片付けるためにExcelベースでタスク管理を始めたのが元祖のようです。

そのクラウド版がTaskChuteCloudということで、僕は今クラウドに凝っているのでこれを使ってみることにしました。

TaskChuteでは、やることを直線的に並べて、タスクごとの見積もり時間、実績時間を記録していくみたいです。とりあえず今やっていることをリアルタイムで記録していくと、ひとまずの一日のテンプレートが出来上がるみたいです。

仕事が不規則なのでこれでうまくコントロールできるかどうかまだわかりませんが、まずは使ってみようと思います。

どんな感じかわかったらまた記事にしてみます。

ちなみに、TaskChuteCloudはこの手のサービスには珍しくいきなり課金です。僕は一年契約を選んでしまいましたが、一ヶ月くらいは月払いで使ってみたほうが良かったかな?と思っています。今のところ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-働き方, 学び, 日々
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.