読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

おもしろ お金 学び 技術 日々

Bitcoinがぐいぐい上がっている局面でちょっと考えた

投稿日:

1Bitcoinが100万円を超えた

以前、Bitcoinを買った話を書いた。

Bitcoinを買ってみた

テレビのCMがきっかけ 最近テレビのBitcoinのCMが流れるようになりましたね。で、前から暗号通貨に興味を持っていたのでちょっと買ってみようと思いました。 口座を作ったのはbitFlyer。 アカ ...

続きを見る

たった1万円、なにかもろもろ引かれて9千円ほどのBitcoinを買っただけだが、買ったときは1Bitcoinが80万円台だったのが、今日は113万円台。僕の含み益は3000円強になっているようだ。まあ、売るとなったらまたいろいろ手数料がかかるのでそんなに儲かってはいないのだが、上がっているのを見るとちょっとうれしい。

そろそろ仮想通貨関係の情報を見るようにしないと

こういうときは、なぜ上がっているのか、ちょっと冷静になって調べなければいけないと思う。

BitCoinはforkの話がいくつか出ている。Bitcoinは一番流通している仮想通貨だが、値上がりによって取引の処理時間が長くなったり、価格に対する割合で表される取引手数料が高騰している。内在する脆弱性もある。そこでそれらの問題を解決する新しい仮想通貨が発表されるのだが、もちろん最初はなんらかの価値を作り出さなければならず、それをBitcoinとの比率を決めて付与するという形で提供する。ということはBitcoinが実質的な仮想通貨の基軸になっているということなので、やはり買いが入るのであろう。

徐々にBitcoinによるモノの売買も始まっている。今日はとあるフリー素材サイトを覗いたら、コンテンツを買うのにBitcoinでの支払いができるような仕組みを見つけた。

実体経済の中で使われる可能性が出てくると、ますますBitcoinへの期待が高まるから、買いが集まって値段はどんどん上がっていくのだろう。

リスクは?

もちろんリスクは有る。一番怖いのはBitcoinシステム自体に大きな問題が起きて、一気に値崩れすることである。もともとなにもないところからうまれた仮想通貨なのだから、この手の問題が起きたら致命的だ。

他の仮想通貨がなんらかのメリットを持ってBitcoinより使われるようになれば、Bitcoinを売ってその仮想通貨を買う動きが加速度的に大きくなる可能性が高い。

そもそも普通の通貨は国力を反映していて、実体のあるものに結びついているから、信任されている。仮想通貨にはそういうものはないに等しいから、売られるときは一気に売られるだろう。それを止める手立てもないのだ。

それでも

未来を信じて買ってみるという考え方はある。

こう連日値上がりが続いているとちょっと買い足したくなるのも人情だ。

前回はクレジットカードで買ってよくわからない手数料を引かれてしまったので、次はしっかり日本円を口座に入れてからBitcoinを買ってみようと思う。まあ、一万円だけど(^^;

ビビリなので大勝負はできない。まだなくなっても勉強代だと思ってあきらめられる。はずである。

買ってみた

とりあえず日本円10000円を口座に入金し、それでBitcoinを買ってみた。結構難しいことがわかった。刻々と変わる値動きを見ながら安く買うのはとても難しい。まず買いを出して、それで売る人がいれば取引が成立するということになる。

なるほど。ドル円の取引所とかではこんなことが一日中行われているのか。

体験してみて実感がわいた。売るには買う人、買うには売る人がいなければならないのだね。当たり前だけど。

そういえば日銀が日経平均を維持するために株を大量に買っているみたいだけど、どうやって売る気なんだろうか。そういうこともわかってしまうわけだな。

うーむ。勉強になる。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, お金, 学び, 技術, 日々
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.