読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

お金 ビジネス 学び 日々

投資用の口座を作ってみた

投稿日:

お金を銀行に置くのはもったいない

というわけで、投資を始めることにした。といっても投資はずぶの素人だ。だからまず勉強をしなければならない。

勉強はいろんな方法があるが、今回はとりあえず口座を開くことからはじめて、それにくっついている無料講座を勉強するというやり方をすることにした。口座を開くのはカブドットコム証券にした。口座を開くだけならタダだし、気になっている投信が商品に入っていたこと、口座を開くのがお手軽なことが理由だ。

カブドットコム証券の口座はスマホで簡単に申し込める。申し込み用のアプリをダウンロードしてスタートから順にやっていけばいい。途中でマイナンバーカードの写真を撮れるようにもなっている。一通り終わったら早速お勉強サイトへのリンクも入っている。

もちろんこれは申込みだけだ。あとでアカウント情報が郵送されるが、14時までに申し込めば当日中に発送するそうである。今時の企業はこうでなきゃね。

というわけで、僕のところには二三日中に届くはずである。

どんなものに投資するか

その間になにに投資するか考えておこう。

僕は資金が潤沢にあるわけじゃないので大きく投資というわけには行かない。とりあえず積立投信から始めようと思う。インデックス投信が良さそうだ。日経225とかいろいろあるみたいだけど、今の東京市場に投資するのはちょっと怖い気がする。アベノミクスのために日銀からずいぶん買いが入っていて、いずれは売らなければならないと思うのだがそれが景気回復とうまくリンクするかわからないからだ。長期の投資はわりと安定しているはずなのだが東京市場はちょっと違う感じがする。ファンダメンタルズも良くない。それなのに日経平均が上がっているのが変なのだ。今は高い。まあでも少し買っておこうかな。

僕が投資したいのはアメリカだ。先進国で唯一人口が増えている国。今は経済が絶好調。ファンダメンタルズも固い。これからも消費人口が維持されていくだろうから面白い市場だと思う。

ただ、アメリカの情報をとる方法を考えなければならない。コレに関しては日経新聞とかあてにならないのでなんらかの情報取得方法を考えなければならない。

新興市場も魅力的だ。技術動向からこれからもしばらく伸び続けるだろう。この辺は投信よりも株に投資というのも考えて良さそうだ。

数に圧倒される

それにしても投資対象は大量にある。そのなかから自分の気に入った対象を見つけるのはけっこう骨が折れる。

やっぱり自分がよく知った業界を攻めるのが良さそうだ。はじめはそのへんから見ていくことにしよう。

銀行はダメだね

いつも決済に使っている銀行が投資を勧めてきた。扱い商品を見たらあまりにもしょぼいのでがっかりした。それに手数料が高いのが銀行の問題点だ。もう論外。

やっぱりネットにある潤沢な情報を使わない手はない。

というわけでネット証券会社を選んだ。うまくいくといいんだけどな。

この記事をみて僕もやってみようかなと思った人、もちろん自己責任でやってね。僕はド素人だからね。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-お金, ビジネス, 学び, 日々
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.