読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

Myself 働き方 学び

介護実務者研修を受けています。

投稿日:

なぜかそうなってしまった

介護の世界では、初任者研修というのが入り口になっている。僕は全くの初心者だから、そこからはじめるはずだった。

だが、研修を申し込んだ学校のホームページのわかりにくさが原因で、いきなり実務者研修を受けることになった。

?と思う方がいるかもしれないが、実務者研修は初任者研修を受けていなくても受けられてしまうのである。

しかも、申し込むホームページの作りが、まず実習の日程を選ぶようになっていた。僕は早く受けられる研修から日程を決めた。その結果、学習順が全く逆になってしまったのだった。

いきなり喀痰除去と経管栄養の実習をうけることになってしまった

そんなわけで、ろくに介護の勉強も進まないうちに通常なら最後に受ける医療的ケアの実習を受けることになった。看護師さんがやっているのを見たことがあると思うが、痰を取ったり、胃ろうという直接いに穴を開けた経管栄養システムを使って胃に流動食を流し込んだりという行為の練習である。詳細は省くが、30以上ある手順を覚え、それを介護される対象者を模したシミュレータを使って実行するというのを、一つのやり方について5セットやって講師の見極めをもらうのである。

軍隊式なのだ

当たり前のことだが、人が相手の仕事である。確実な手順と手技が求められる。ひたすら練習なのだ。そして、人を相手にすることだから、介護される人に不安を与えないような声掛けが重要になる。

こういうのはやはり女性が強いなと思った。僕は思うようにセリフが出てこないのである。セリフを考えていると手順を忘れてしまったりする。

それでも何度も繰り返すうちに徐々にポイントがわかってくる。そのポイントを外さなければ順序が変わっても大丈夫なことがわかるとセリフも自然に出てくるようになる。

実務にはまだまだ練習が必要

とりあえず最低ラインを知ることができたという感じだ。実務につくにはもっと練習が必要だろう。

しかし、僕はそれ以前の介護の勉強がまだできていない。いきなり実務者を取る人はそれなりに介護経験のある人なのだ。

学ばなければならないことがたくさんある。それを思い知ったはじめての介護実習だった。

次は看護に関するスクーリングが年明けにある。その他にクリアしなければならない課題が山ほどある。

とりあえず最低学習期間が6ヶ月間なので、じっくり腰を据えて取り組もうと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-Myself, 働き方, 学び
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.