学び 思考 日々

読了:「絶望」に声を与えよう

投稿日:

本の情報

どんなことが書いてあるのか?

  • 自分の中にある「絶望の正体」
  • 感情の扉を開く
  • 影の部分に光を与える
  • 比較の罠から抜け出す
  • 自分を信頼すると決める
  • 人生の指揮権を取り戻す
  • 自分は自由な存在だと知る

読んでどんなことを考えたか?

「絶望」に声を与える。これがどんな意味か、タイトルを読んだだけではピンとこない。読み進めていくうちに、世の中には多くの「絶望している人」がいて、それを乗り越えるためにどうしたらいいのか、どう考えたらいいのかが書かれているとわかってくる。

「絶望している人」というのは、決して特別な人のことではない。仕事に疲れた人、生活に疲れた人、学業に疲れた人。あらゆる「疲れた人」と言い換えていいのではないかと思う。

疲れ切ってしまって、自分を失っていることに気づかないのは悲しいことである。それは「絶望」というものなのだ。そう「絶望」が存在している。その「絶望」を無視せずに正視してみよう。その声を聴いてみよう。ときにはその声を外に取り出して、泣いたり叫んだりしてみよう。

そうして自分の心の指揮権を外部に委ねることを少しずつやめて、自分が自分の心をコントロールできるようになろう。そこにあるのが自由なのだ。

今の僕にはこの意味がとても良くわかる。会社に人生を預けて、死んだように生きていた自分を、会社をやめることで取り戻し始めているからだ。僕は今なんでもできる。やりたいことをできる。そういう自分に回帰しようとしている。

そんなことを改めて感じさせてくれる本だった。

面白かった?

面白いというのとは少し違う。自分を考え、自分を赦し、自分を生き返らせる本なのだと思う。

文字がぎっちり詰まっていないので1時間も集中すれば読めるだろう。

しかし、自分のことを考えながらゆっくり読むのがいいかもしれない。

まとめ

世の中には自分をなくしている人がどれだけいることか。そのことに気づかずにいる人がどれだけいることか。

それに気づき、一日も早く自分を取り戻そう。

そういうことだと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-学び, 思考, 日々,
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.