読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

健康 学び 思考 日々

読了:イグアナの嫁

投稿日:

本の情報

どんなことが書いてあるのか?

  • ひょんなことからイグアナを飼うことになった夫婦
  • その夫婦の日々
  • 人生いろんなことがある

読んでどんなことを考えたか?

作者の細川貂々さんは、「ツレがうつになりまして」で一世を風靡した?漫画家である。この本もイグアナのことを書いているようで、今風のわりとフリーでオープンな夫婦の日々を描いたコミックだ。

「ツレうつ」は僕には怖くて読めていない。それは僕が「うつ病」だからだ。うつ病の辛さを身をもって知っているので読むのが怖いのだ。うつ病に関する情報も基本的にはシャットアウトしている。

では、どうやって情報を得ているのかといえば、服用している薬を入り口とした脳科学に関して調べているのである。要するにうつ病を神経科学的な観点でとにかく科学的に理解しようと務めているのだ。それならある程度自分を切り離して分析的に考えることができる。

放送大学に入って心理学も勉強した。ココロをとにかく科学的に客観的に理解しようと務めた。

それはそれで面白いところもあったし、大学を卒業することもできたし、考え方にも変化が生まれた。しかし僕は相変わらずうつ病のままだ。

薬物療法を続けながら、なんとか寛解状態を維持してきたが、相変わらず年に2回位は落ち込むときが来る。最近は軽躁状態になって、ちょっとしたきっかけで大きく落ち込んだ。落ち込んだときの辛さはたぶん経験者じゃないとわからない。とにかく起きられず、寝ているしか方法がない。薬もほとんどお守りみたいなものだ。

という状態になることが、この本にも少しだけ触れられている。正直な話、それはそれは怖いお話だった。

うつ病は理解されにくい病気だ。世の中の大半の人が誤解していると思う。医者ですら実体を知らないことがあるし、その発生機序もよくわかっていないのだ。薬は存在するが、なぜ効くのか本当にはわかっていない。もちろん他の薬と同じで症状を緩めることはできるが治すことはできない。

僕は会社を事実上クビになった。もちろん手厚いサポートは受けることができたが、うつ病に無理解な産業医に治るまで会社に来るなと言われたのだ。治るなら苦労はしないのである。

そういうわけで、うつ病に関する本は怖くて読めない。この本も苦労しながら読んだ。家族がどんな気持ちでいるか、少しヒントが得られたけれど、それすら本当のことを知るのは怖い。

うつ病はとても苦しい病気なのだなあととりあえず他人事として捉えるのが精一杯だった。

面白かった?

辛かったなあ。でも家族には読んでおいてもらっていいかもしれないと思った。

まとめ

本の話より僕のうつの話を書いてしまった。

うつ病は厄介だ。それは是非たくさんの人に知ってほしいし、うつ病にならないように気をつけてほしいと切に思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-健康, 学び, 思考, 日々,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.